中国での迫害 > Killed for Their Belief > 拘束中に死亡した父 | 韓愈(ハン・ユウ)
    Killed for Their Belief

拘束中に死亡した父 | 韓愈(ハン・ユウ)

7月 7, 2020

ティーンエージャーの韓愈(ハン・ユウ)と小学生の弟は、両親が法輪功の信念のために逮捕・収監されたあと、自分たちだけの生活を強いられた。

この動画では、警察に拘束中に亡くなった父について、 遺体と対面した家族の悲しみ、父親が強制臓器収奪の犠牲になったと疑う苦悩を、韓愈(ハン・ユウ)が語る。 強制臓器収奪は、十分な記録により裏付けされている残虐行為であり、2019年「中国・民衆法廷」が、臓器が収奪され、急成長する臓器移植産業に供給されるために「かなりの規模で」法輪功修煉者が殺害されてきており、現在も続いているという裁定を下している。