強制転向

中国共産党は、極悪非道な手段を用いて法輪功修煉者を攻撃的に「転向」させています。転向とは、「強制的な精神改造」の婉曲表現であり、法輪功を一掃する取組みの中核にあります。人間性を破壊する最悪の洗脳です。

多くの手段がありますが、よく用いられる手段として、隔離、屈辱、睡眠剥奪、反法輪功プロパガンダの繰返し、無期懲役になるという脅迫、感情の操り、経済的な罰、元修煉者の利用、イデオロギーの教化、身体的・心理的虐待などが挙げられます。

1999年以来、「洗脳センター」は法輪功修煉者の「転向」のために広く利用されてきた。つまり、法輪功修煉者に精神的な信念と修煉を強制的に棄却させるために設けられた場所だ。拷問…などを含む虐待は、蔓延している。 アムネスティ・インターナショナル 2013年

米議会執行委員会の2008年の年次報告書では「再教育による転向」を「思想的な再プログラム化の過程であり、修煉者が法輪功への信念を棄却するまで、肉体的・心理的に強要される様々な方法が用いられる」としています。

中国の高智晟弁護士は著書の中で、修煉者の立場を転向させようとする取り組みは、当局による虐待の中核にあり、刑務所であろうと、労働教養所、洗脳センター(「法制教育センター」という婉曲的表現で知られる)、孤立した山奥の拷問室であろうと、どのような拘束施設でも共通していると記述しています。

転向のプロセスの中核には、法輪功への信念を放棄したことを証明する3つの声明への強制的な署名があります。修煉者が法輪功を実践したことを「後悔」していること、法輪功をあきらめると約束していること、他の法輪功修煉者とは二度と関わらないこと、北京に行って法輪功のために請願しないことが、声明には必ず含まれます。修煉者は、この声明に署名すれば釈放されるが、拒否すれば拷問や無期懲役が待っていると言われます。

Gang Chen, a victim of brainwashing or ‘transformation’ torture, describes his experience in a Chinese prison.

強烈なプレッシャーの下で折れた人々にとって、自分が深く信じてきた精神的な信念を棄却させられたという精神的な苦悩だけにとどまりません。「転向した」修煉者は、法輪功を信じなくなるだけでなく、法輪功に反対することを要求されます。転向声明に署名すると、修煉者はしばしばテレビカメラの前に連れて行かれ、法輪功についての「新しい理解」と一緒に声明を読まされ、プロパガンダの資料に用いられます。声明文での「後悔」が不十分だったり、法輪功とその創始者への蔑みがなければ、同じプロセスが繰り返されます。最近転向した修煉者は、他の拘束された修煉者を転向させるよう積極的な役割を果たす義務があり、果たさなければ集中的な拷問を受ける状態に戻ることになります。

党の指導者は定期的に下級官僚に転向の効率を上げるよう働きかけ、達成のためには、どれほど虐待がひどくても構わないことが明示・暗示されます。 中共の上級幹部は、強制労働者や刑務所にしばしば出向き、そこでの方法と転向率を視察します。拘禁施設では、様々なインセンティブを用いて、修煉者が信念を放棄するようプレッシャーをかけるように、さらに奨励します。ノルマを課したり、高い転向率を達成した収容所の管理者や看守に、昇進や金銭的なボーナスなどの報酬を与えるなどが含まれます。 

中国全土の少なくとも43の精神病院が、[法輪功]修煉者を拘束し、拷問するために使用されている。…我々は、病院が正気な人間の意志と精神を破壊するために強制的に投与する薬物の一部を把握している。…私たちは、刑務所、洗脳センター、強制労働所で、普通の警官が向精神薬を広く用いていることを把握している。 ニューヨーク医科大学精神医学名誉教授 米国精神医学法学会の元会長 エイブラハム・L・ハルパーン医学博士