個人の体験

以下は、中国での迫害を生き抜いてきた人々の証言のほんの一部です。

ある女性の悪夢

尹麗萍さんが生存しただけでも信じ難い事実です。中国で収監中、幾度も死の瀬戸際まで拷問されただけでなく、残忍な性暴力を受け、重労働を強いられ、精神薬を過剰に注射されました。中国の監獄では通常用いられている拷問で、長期的に精神を荒廃させる作用があります。

Read Full Story >

毅然とした男

2008年の北京五輪が近づく中、于溟氏は悪名高い馬三家労働教養所の附属病院で、長期にわたり過酷な拷問を受けたため寝たきりの状態でした。

Read Full Story >

証拠を拾い合わせて…

1999年に法輪功への迫害が始まる前、内気でありながら回復力のある王易非さんは中国共産党のシニアジャーナリストとして働いていました。彼女の両親は、肺と腎臓を患い、長期入院を頻繁に繰り返していましたが、法輪功を始めたから、数十年来初めて、完全に健康を取り戻しました。そのため、良心の法輪功の修煉を支援していました。

Read Full Story >

SOSの書簡

法輪功修煉者の孫毅氏は、中国の悪名高い馬山家労働教養所に2年半収監された時、絶望的な状況についてSOS書簡を書き始め、自分が生産した輸出用の商品の梱包の中に隠しました。

Read Full Story >